のんびりと詩みたいなものを書いています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事なのは
作る喜び
食べる喜び
作る嬉しさ
食べる嬉しさ
作る思いやり
食べる思いやり
何が欠けても
ハーモニーは狂う
料理という演奏は
大事なのは
両者がいて
協奏すること
スポンサーサイト

アレルギーか風邪か…それが問題
目の前にある道
今悩み続ける道
そうここは分岐点
どちらを選ぶか
それが君の今後を決める
慎重に選ばないといけない
しかしよく考えてほしい
与えられた選択肢だけで悩むことを
それは本当の分岐だろうか
もう一度よく探してみよう
あるかないかわからない
もう一つの選択肢というものを

寒さと眠さと気だるさと
どこまでも続く青空
遠く遠くに続く青空
それはどこに続いている?
遠い未来?
かつての私?
声をかけても返事はない
だって青空だから
ずっと静かに見つめているだけ

だけど世界は回っている
ほんの少ししか言葉を知らなくても
気持ちは伝わる
自分の気持ちを素直に伝えれば
それが言葉の力

雨上がりの空に
終わりなき旅
すべてをかき消す風に
その身を委ね消し飛ぼうとも
旅は終わらない
自分で歩みをとめるまでは

変わる町並み進む都市開発
焼け付く痛みに目が覚める
見えるのは暗闇だけ
場所もわからず
自分さえわからない
なぜ痛いのか
なぜここにいるのか
何もかもわからない
やがて痛みに再び気を失う
また目覚めると同じことを繰り返すのだろう
すべてを忘れて
私というものが完全に消滅するまで

朝日がまぶしい…けどまだこの時間は寒い
迷い込んだ迷宮
どこまでも広く
どこまでも深く
まるで万華鏡のように
すぐに何度も姿を変え
出ることを拒む
いつになったらこの迷宮から出られるのだろうか
迷い迷って抜けられないあなたの愛の迷宮

雨上がりの空に一息つく
かけてゆくどこまでも
かけてゆくただ前に
かけてゆく後ろは見ずに
ただただかけてゆく
どこへ…?

続く急な冷え込みにご注意を
朝日がのぼる
山が夜の色から朝の色にそまっていく
街の息づく声が聞こえはじめる
昨日が駆け足で別れをつげる
今日がはじまってゆく
おはよう
そんな声が聞こえた

雨の中傘を忘れた帰り道
人は過ちを繰り返して生きてきた
何度も何度も
それが人であることの証明のように
この呪縛から解放されるのはいつの日なのか

心の栄養ですね
世界にたくさんある色
どれも違った色
でもどれもきれいな色
世界はたくさんの色でできている
世界にひとつだけしかない色
私が好きな色
あなただけの色
私はあなただけの色になれる?

なかなか刺激を受けました
手をのばす
なぜ?
そこに手があるから
さぁ
手をつなごう

ギャラリーに行きました
色の海
飛びこめば見えてくる
世界の息吹き
あなただけの心
Copyright © ハーモニヤ歌物語. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。