のんびりと詩みたいなものを書いています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時期はずれ
こんばんは
今日は連続の更新になりますね
この調子で更新できるといいんですが・・・

さて今回も詩の更新
もうすぐ冬が来る寒い季節
雪の降る地域もあるでしょう
風邪を引かないようにしたいものです
でもそんな季節に反して内容は春のもの
桜の季節の詩です
春が待ち遠しいです・・・

「桜舞う季節」

桜色づく季節
そよ風が流れ
桜が舞う

もうそんな季節なんだねと
君が微笑む
なぜか不思議と惹かれた

ほんの何気ない朝の登校風景
でもちょっとしたいつもと違う風景
風が優しい朝
君と並んで歩く

いつのまにかこうして歩くようになった
ほんの少しの幸せな時間
この季節のせいにしていいのかな

桜を見てると
君は少し前にいて
早足で追いかける

追い越して振り返って
春だねって声かけたら
君はにっこりと笑ってくれた

その笑顔が好きで
どきどきさせられて
その気持ちを胸に
いつかきっと打ち明けようと

桜舞うこの季節
私の桜も咲かせたいな
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ハーモニヤ歌物語. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。