のんびりと詩みたいなものを書いています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近
急に冷え込んできましたね。
こんばんは
みなさんは平気ですか?
風邪などひかぬよう気をつけましょう。

さて本日の更新
今日の詩は夕暮れ時の一風景
そんな感じです。
また明日会えるから
今日の別れも我慢できる
そんな一日

「また明日ね」

「また明日ね」と夕暮れ道
大きく手を振る君
小さく手を振る私
夕暮れがそうさせるのか
いつものことなのに
明日も会えるのに
なぜか寂しい

この道を帰るときは
いつも寂しくなる
だって
君と別れるから

おかしいよね
笑っちゃうよね

また明日も
この道で会って
「おはよう」って手を振るのに
そのときはすごく嬉しくて
すごくわくわくして
楽しい一日が始まるって思えるのに

今は
寂しい

ああ
君がいないことが寂しいんだね
君と過ごした楽しい一日が終わるから
すごく寂しいんだね

でも
そんな寂しさがあるから
きっと明日はその分嬉しいと思う
きっときっと
明日もいいことあるよね
だから
今はこの寂しさも我慢するよ
だから
「また明日ね」と手を振る

そんな夕暮れの道
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ハーモニヤ歌物語. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。