のんびりと詩みたいなものを書いています

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さと眠さと気だるさと
どこまでも続く青空
遠く遠くに続く青空
それはどこに続いている?
遠い未来?
かつての私?
声をかけても返事はない
だって青空だから
ずっと静かに見つめているだけ

だけど世界は回っている
ほんの少ししか言葉を知らなくても
気持ちは伝わる
自分の気持ちを素直に伝えれば
それが言葉の力

雨上がりの空に
終わりなき旅
すべてをかき消す風に
その身を委ね消し飛ぼうとも
旅は終わらない
自分で歩みをとめるまでは

変わる町並み進む都市開発
焼け付く痛みに目が覚める
見えるのは暗闇だけ
場所もわからず
自分さえわからない
なぜ痛いのか
なぜここにいるのか
何もかもわからない
やがて痛みに再び気を失う
また目覚めると同じことを繰り返すのだろう
すべてを忘れて
私というものが完全に消滅するまで

朝日がまぶしい…けどまだこの時間は寒い
迷い込んだ迷宮
どこまでも広く
どこまでも深く
まるで万華鏡のように
すぐに何度も姿を変え
出ることを拒む
いつになったらこの迷宮から出られるのだろうか
迷い迷って抜けられないあなたの愛の迷宮
Copyright © ハーモニヤ歌物語. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。